生活

絵しりとりのアプリは何人の友達と通信できるの?大人数で遊びたい!

絵しりとりのアプリは何人の友達と通信できるの?大人数で遊びたい!

こんにちは。きよです。

スポンサーリンク

 

最近流行っている「絵しりとり」の通信アプリゲームを知っていますか?

 

「絵しりとり」は文字通り、絵でしりとりをする通信アプリゲームです。

 

そんな「絵しりとり」は友達と何人で遊べるのか気になりませんか?

 

できたら大人数で遊びたいですよね(^^)

 

今回は大人数でも遊べるのどうかを調べるため、何人で遊べるかやおすすめの「絵しりとり」アプリを調査しました!

 

スポンサーリンク




絵しりとりのアプリは何人の友達と通信できるの?

絵しりとりのアプリは何人の友達と通信できるの?大人数で遊びたい!

「絵しりとり」のアプリは何人の友達と通信できるのでしょうか?

 

アプリを探す時には何人で遊べるかを調べてからインストールしたいですよね♪

 

ここでは、何人の友達と通信できるのかを調べてみました!

 

「絵しりとり」のアプリによって何人で通信できるのかが違ってくるようです。

 

例えば、「イラストチェイナー 絵しりとりオンラインお絵かきゲーム」ではオンライン通信でリアルタイムで最大4人の大人数で遊ぶことができます。

 

大人数で遊べると、みんなが描く絵を眺めながら絵しりとりができるので楽しそうですね(^^)

 

もちろん2人や3人でも遊ぶことができるので、人数が少なければ少ないほど回答権が早く回ってくるので、盛り上がるもしれないですね♪

 

また、このアプリは1台のスマホを回して使えば近くにいる友達と何人でも遊ぶことができます。

 

一方で1人で遊ぶ「絵しりとり」アプリもあります。

 

「脳トレ革命ぴくとり!」は1人でひたすら絵のパネルをタップしていくというアプリです。

 

このアプリは、意外と思考力も働かせて遊ぶアプリなので、何もすることがない暇な時に脳トレに使うのもありですね♪

 

絵しりとりのアプリはたくさんリリースされているので、大人数でも1人でもいろんなパターンで遊べそうですね(^^)

 

スポンサーリンク




絵しりとりのアプリ・友達と通信できるおすすめは?

絵しりとりのアプリは何人の友達と通信できるの?大人数で遊びたい!

友達と通信できるおすすめ「絵しりとり」のアプリはあるのでしょうか。

 

ここでは、絵しりとりのおすすめのアプリと遊び方や何人で遊べるかも紹介していきます。

 

「絵しりとり」のアプリを探している人や、何人で遊べるか気になる人は是非参考にしてください。

絵しりとりのおすすめアプリ【Illust Chainer】

絵しりとりのアプリは何人の友達と通信できるの?大人数で遊びたい!

引用元:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.gunsturn.illustchainer&hl=ja

絵しりとりのおすすめのアプリは「Illust Chainer」です。

 

「Illust Chainer」は自宅にいながら何人もの友達と通信しながら大人数で遊べるのでとても人気があります。

 

このアプリは何人で遊べるかというと先ほど説明したとおり、最大4人まで遊ぶことができます。

 

また、何人もの友達と通信しながら大人数で遊ぶのではなくパーティや飲み会でも友達と何人でも遊ぶことができるので、スマホにアプリを入れておけばどこでも遊ぶことができます。

 

「Illust Chainer」の遊び方は、端末一台を使ってオフラインで大人数でプレイする方法と、オンラインで友達と通信しながらプレイする方法があります。

 

事前に「オンラインモード」か「オフラインモード」を選択してプレイします。

 

プレイ方法は、自分の前の人が書いた絵の最後の文字から始まる絵を描きます。

 

絵を描いている間は、時間制限があるので注意してくださいね♪

 

絵を描き終わったら「描きおわった」という左下のボタンをタップし、描いていた名前を入力します。

 

その作業を複数人で続け、最後の番になった人はその指定された文字で終わる絵を描かなければなりません。

 

 

最後の人が指定通り描けたらミッション成功ということになります。

 

つまり、この絵しりとりアプリは誰かと対戦するというのではなく、みんなで繋げて達成感を味わえるというメリットがあります。

 

実際にこの絵しりとりアプリを使ってみたという人は、その達成感が快感だったみたいですね(^^)

 

100%の正解率を出すには、やはり連携プレイが大切なんですね♪♪

 

スポンサーリンク




 

絵しりとりのおすすめアプリ【えしりとり】

絵しりとりのアプリは何人の友達と通信できるの?大人数で遊びたい!

引用元:https://applinote.com/ios/app/239668/

次におすすめする絵しりとりのアプリは「えしりとり」です。

 

このアプリは何人で遊べるのでしょうか?

 

このアプリは通信なしのオフラインで友達と遊ぶ絵しりとりアプリで、何人の友達と遊べるのかというと大人数でも遊ぶことができます。

 

なぜならば1台のスマホをみんなで回して遊ぶからです。

 

つまり、友達と通信しながら遊ぶのではなく、友達と同じ場所にいて一緒に遊ぶゲームであり、一緒にいれば大人数でも遊ぶことができます。

 

「えしりとり」のアプリの使い方はとても簡単です。

 

絵を描いたら「できた!」というボタンを押して次の人に回します。

 

「えしりとり」のアプリは、絵を描くとき時にペンの太さを選ぶことができます。

 

細いペンもあり繊細なタッチで描くこともできるので、大人数の友達と絵力で勝負しても楽しいかもしれませんね(^^)

 

「えしりとり」は通信なしのオフラインで友達と遊ぶシンプルな遊びであるので、独自にルールを作って遊ぶと盛り上がります♪

 

ルールによっては、奥深い絵しりとりゲームになるみたいですね♪

是非オリジナルルールを作って、大人数の友達と「えしりとり」を楽しんでみてくださいね(^^)

絵しりとりのおすすめアプリ【限界しりとりMobile】

絵しりとりのアプリは何人の友達と通信できるの?大人数で遊びたい!

引用元:https://dohack.jp/game/genkai-shiritori

友達と通信して遊べる絵しりとりのおすすめアプリは「限界しりとりMobile」です。

 

このアプリは何人で遊べるのでしょうか?

 

このアプリは残念ながら大人数では遊べませんが、何人で遊べるかというと2人で遊べます。

 

「限界しりとりMobile」は2人で対戦する絵しりとりアプリで、友達と通信して対戦する「フレンドマッチ」と知らない人と通信して対戦する「ランダムマッチ」があります。

 

大人数で遊ぶには、先ほど紹介した「Illust Chainer」と「えしりとり」がおすすめです。

 

「界隈しりとりMobile」のルールはとても簡単で、始まる文字に加えて文字数が指定されるしりとりです。

 

実はこの「文字数」が指定されるだけでゲーム性が一気に高まります。

たとえば、

「『ひ』から始まる4文字の言葉」→「ひまわり」
          ↓
「『り』から始まる3文字の言葉」→「リンゴ」

といった感じです。

 

文字数の指定は2文字から8文字まで可能ですが、「8+」と表示されたら8文字以上で答えることができます。

 

制限時間は一人2分で、答えがでなくなったり間違ったりすると負けです。

 

意外とこのアプリは語彙力が求められ、語彙力がある友達と対戦すると永遠に続くこともあります。

 

語彙力を鍛えたいという人や語彙力に自信がある人におすすめの絵しりとりアプリです。

 

スポンサーリンク




絵しりとりのアプリで大人数の友達と遊ぶには?

絵しりとりのアプリは何人の友達と通信できるの?大人数で遊びたい!

絵しりとりのアプリで大人数の友達と通信しながら遊ぶことはできるのでしょうか。

 

また何人の友達と遊ぶことができるのでしょうか。

 

やはりゲームは何人で遊べるか一番気になるところですよね(^^)

 

何人で遊べるのか調べてみると絵しりとりのアプリは最大で4人の友達としか遊ぶことができません。

 

4人以上の大人数で通信しながら遊ぶには、アプリのZOOMやラインのビデオ通話を利用してもいいかもしれません。

 

例えば、お題となる初めの文字と終わりの文字を決めます。

 

自分の番が回ってきたら、それぞれが手元に用意した紙に絵を描きます。

 

書き終わったらその絵をみんなに披露して次の人にバトンを回し、最後にバトンが回ってきた人がはじめに決めた文字で終わればチャレンジ成功です!

 

これなら、大人数の友達と通信しながら絵しりとりで遊ぶことができますね(^^)

 

スポンサーリンク




まとめ

いかがでしたか?

 

今回は「絵しりとりのアプリは何人の友達と通信できるの?大人数で遊びたい!」というテーマでお伝えしました。

 

アプリによって遊べる人数に制限があったり、ひとことに「絵しりとり」といっても色んな遊び方がありましたね(^^)

 

大人数で遊びたい人や、友達と2人で対戦したいという人など自分に合わせたアプリを探して絵しりとりを楽しんでくださいね♪

 

 

スポンサーリンク