ドラマ

梨泰院クラスの読み方は?日本語訳と韓国語の意味を調べてみた!

梨泰院クラスの読み方は?日本語訳と韓国語の意味を調べてみた!

日本でも話題になっている韓国ドラマ、梨泰院クラス

 

確かに梨泰院クラスの読み方、分かりません

日本語訳はどうなるのか、梨泰院クラスの韓国語の意味、気になりませんか?

 

梨泰院クラスの読み方や日本語訳と韓国語の意味が分かれば会話もしやすいですよね!

そこで今回は梨泰院クラスの読み方、日本語訳と韓国語の意味を調べてみました!

スポンサーリンク




梨泰院クラスの日本語の読み方は?知恵袋に聞いてみた

梨泰院クラス、日本でも面白い!と話題になっていますよね。

 

でもいったい梨泰院クラスって日本語だとどう読むのでしょう?

日本語訳と韓国語の意味も同時に、あの知恵袋に聞いてみました!

 

その結果をお伝えしていきます♪

梨泰院クラスの日本語の読み方はなんて読むの?

梨泰院クラス、話題になっていますが、日本語の読み方がわからないと話題にしようにも難しいですよね。

そのまま日本語を読んだら明らかに「なしたいいん」ですし…

 

そこで今回は梨泰院クラスの日本語の読み方を知恵袋に聞いてみた結果をまとめていきます!

 

皆さん同じように疑問に思うのか、知恵袋にはたくさんの梨泰院クラスの日本語の読み方に関する質問が寄せられていました!!

 

梨泰院クラスですが、これは日本語のタイトルのようです。

原題は韓国語で 『이태원 클라쓰』と表記し、そしてこの韓国語の読み方は「イテウォン クルラス」だそうです!!

 

日本語では、韓国語の『이태원』を『梨泰院』と表記していますので、これをそのまま韓国語の読みで「イテウォン」と読んで、あとは残りの『クラス』を付ければいいみたいです。

 

つまり、日本語で梨泰院クラスのことを話す場合は「イテウォンクラス」という読み方をすればいいみたいですよ!

 

梨泰院クラスの日本語訳と韓国語の意味

さてこの梨泰院クラスですが、いったいどんな意味なんでしょうね?

またまた知恵袋のお力をお借りしてみました!

 

こちらも同様、知恵袋には梨泰院クラスの日本語訳、韓国語の意味に対する質問がたくさん寄せられていました。

 

とある回答者さんによると、それぞれの韓国語の意味は

梨泰院(イテウォン / 이태원) …自由

クルラス / 클라쓰       …地位

という日本語訳になるみたいです!

 

そのままくっつけると自由地位…?自由な地位…?自由と地位…?

なんかしっくりきませんね笑

 

知恵袋から離れてさらに調べてみると、どうやら梨泰院というのは地名みたいです。

ソウル市龍山(ヨンサン)区にある外国文化あふれるエリアだそうで、この梨泰院という単語に自由という意味はあるのかないのか…これは分かりませんでした。

 

一方、残りのタイトルの클라쓰という単語には、「クラス/クラス(地位)が高い」という意味があり、語源は英語の「class(クラス) 」みたいです!

 

まあなんにせよ日本語タイトルにすると不思議な感じですね笑

スポンサーリンク




梨泰院クラス「長家」の日本語の読み方はなんて読むの?

梨泰院クラスの読み方は?日本語訳と韓国語の意味を調べてみた!

梨泰院クラスに登場する、「長家」という大企業があるのをご存じでしょうか。

日本語でのそのままの読み方をしようとすると、ちょうけ…?となってしまいますよね笑

 

この「長家」、日本語での正しい読み方知りたくないですか?

そこでここでは、梨泰院クラスに登場する「長家」の日本語の読み方を紹介します!

 

梨泰院クラスに登場する「長家」ですが、どうやら日本語では「チャンガ」という読み方をするみたいです!

 

韓国語でのスペルはよくわかりませんでしたが、「長家」と書いて「チャンガ」と読むんですね、韓国語って難しいです(;^ω^)

梨泰院クラスの日本語の読み方についての反応は?

ここからは、梨泰院クラスの日本語の読み方に対する反応をピックアップしていきます!

確かにそうですよね、韓国語を少しでも知らないと梨泰院って読めないですよね。

でも面白いからおすすめ!という意見は多数ありました。

 

本当だ!「梨泰院クラス」、日本語では「イテウォン クラス」という読み方をしますから、「伊集院クラス」に聞こえなくはないです!!

これ考えた人なかなかセンスありますね笑

 

何度確認しても3分後には読めなくなっている、その気持ちすごくわかります笑。

韓国語を知らない人からするとやはりまだまだ覚えるには時間がかかりそうです(-_-;)

スポンサーリンク




まとめ

今回は『梨泰院クラスの読み方は?日本語訳と韓国語の意味を調べてみた!』ということでお伝えしてきました。

 

梨泰院クラスの正しい日本語の読み方は、「イテウォンクラス」でした。

日本語訳と韓国語の意味は、梨泰院は地名を指していて、クラスは韓国語だと地位とかクラス、英語でいうclassと同じ意味を持っていました。

 

そしてこの梨泰院クラスに出てくる「長家」という企業は、「チャンガ」という日本語の読み方をするみたいです!

 

梨泰院クラスはやはり読むのに苦戦している人が多く、伊集院クラスに発音が似ている!なんていう声もありました。

 

韓国語に詳しくないと梨泰院クラスを読むのは難しいですが、内容は面白いみたいです。

ぜひ興味を持った方はご覧になってください!

スポンサーリンク