多重人格障害haru(はる)のテレビは嘘で演技だった!を検証まとめ

テレビ

こんにちは。きよです。

2019年11月26日に放送のテレビ番組「1番だけが知っているSP」多重人格障害であるharu(はる)さんが密着取材を受けた様子が放送され話題になっています。

前回の放送で多重人格障害haru(はる)さんのことが取り上げられたときに反響が大きかったことから今回の密着取材になったようですね。

 

しかし、この「1番だけが知っている」を放送しているテレビ局TBS

これまでも、TBSはクレイジージャーになどでやらせを行い番組が打ち切りになるなどのいくつもの疑問を抱かせるテレビ局です。

 

そんなTBSのテレビ番組「1番だけが知っている」での多重人格障害haru(はる)さんへの密着取材に対して「嘘なんじゃないか」「演技なのではないか」といったやらせの疑問を抱く人がいても不思議ではありません。

 

そこで、今回はTBSのテレビ番組「1番だけが知っている」の多重人格障害haru(はる)さんについて嘘で演技なのかの検証してみました。

 

スポンサードリンク

 

多重人格障害haru(はる)のテレビ出演

多重人格障害haru(はる)「AbemaTV」

多重人格障害のharu(はる)さんがテレビで取り上げられたのは「1番だけが知っている」が初めてではありませんでした。

多重人格障haru(はる)さんについて、いち早く取材をして放送していたのは地上波のテレビ局ではなく、ネット配信が主なAbemaTVでした。

 

AbemaTVでは、有料放送と無料放送があって地上波のテレビでは取り上げないような突っ込んだ放送があっていたりとたくさんの方が見ていますよね^^

そんなAbemaTVで10月20日放送の「カンニング竹山の土曜The NIGHT」に出演されていました。

 

しかも、このテレビ番組は生放送ということで実際に放送中にも多重人格障害のharu(はる)さんの別人格が登場していました。

現在は無料で見ることは出来ませんが、ダイジェスト版がありましたのでご紹介です。

多重人格障害haru(はる)「1番だけが知っている」

そして、地上波のテレビ番組「1番だけが知っている」でその存在が多くの方に知られることとなった多重人格障害のharu(はる)さんです。

前回の放送での反響が大きかったことから、もう一度多重人格障害のharu(はる)さんについて森三中の黒沢さんが密着取材するという内容でした。

 

 

今回のTBSのテレビ番組「1番だけが知っている」の放送では、前回の放送では現れなかったharu(はる)さんの10人全員の別人格が明らかにもなっていますね。

また、森三中の黒沢さんと過ごし会話をしながらの様子からは多重人格障害のharu(はる)さんのリアルな日常が見えていました。

 

スポンサードリンク

 

多重人格障害haru(はる)は嘘で演技だった?

多重人格障害haru(はる)は嘘で演技の疑惑

TBSのテレビ番組「1番だけが知っている」で日常haru(はる)さんがリアルな姿で映し出されていました。

 

しかし、多重人格障害の方の日常なんて普段めったに見ることは出来ませんよね?

多重人格と聞くと映画小説の世界での方が馴染みがあり、嘘や演技だと感じてしまうと思います。

 

これまでも多重人格障害の方がテレビで密着取材されるということは、私が知る限りではなかったと思います。

多重人格障害と聞くとなんだか怖いイメージだったり、病気でかわいそうといったマイナスなイメージがあってきっと取り上げることが難しい障害だと思います。

 

そんな思いから、haru(はる)さんのように多重人格障害と前向きに向き合って生活している姿違和感を感じる方が多くいるのも事実ですよね?

そんな思いからこのテレビの内容は嘘でharu(はる)さんの様子は演技なのではないかという疑問が浮かんでくるのだと思います。

 

多重人格障害haru(はる)は嘘で演技の検証

それでは、多重人格障害のharu(はる)さんはテレビに出演された時の様子は演技だったのでしょうか?

多重人格障害のharu(はる)さんは今回のTBSのテレビ番組「1番だけが知っている」に出演することを自身のツイッターで紹介されていました。

 

なんと!多重人格障害の主人格であるharu(はる)さんはどんな取材を受けたのか全く覚えていないそうです。

 

しかも、頭の中でテレビ番組出演について放送時間の予想の賭けも行っているという^^

 

そして、多重人格障害のharu(はる)さんは番組の内容もリアルタイムで確認し、その後に直接来るDMなどでのメッセージ質問に対して丁寧に答えていらっしゃいます。

haru(はる)さんの優しい人柄を感じますね^^

 

 

このようなharu(はる)さんの行動から、多重人格障害のharu(はる)さんのテレビでの様子は嘘でも演技でもなかったということが断言できると思います。

また、このテレビでの放送が嘘で演技だとしたらharu(はる)さんにとってのメリットはひとつもないですもんね^^;

 

スポンサードリンク

 

多重人格障害haru(はる)のテレビを見たのみんなの反応

多重人格障害のharuさんが密着取材を受けた「1番だけが知っている」を見た方たちはharuさんに対してどんな反応だったのでしょう?

みんなの反応を集めてみました。

多重人格障害であるharuさんの放送を見た方は、haruさんの中の10人の別人格との日常に好感を持つ方が多くいらっしゃるようでした。

多重人格障害haru(はる)のテレビは嘘で演技だった!の検証まとめ

今回はTBSのテレビ番組「1番だけが知っている」で放送された多重人格障害のharu(はる)さんについての嘘で演技の疑惑について検証してみました。

多重人格障害のharu(はる)さんについての密着取材が放送されたことで、haru(はる)さんのリアルな姿が嘘で演技なのかもしれないと疑問を持つ方がいることも事実です。

 

しかし、今回TBSのテレビ番組「1番だけが知っている」に出演されたharu(はる)さんについてはご自身のツイッターでのやり取りの様子などからみても、嘘でも演技でもないということが言えるのではないかと思います。

 

実際に多重人格障害と言われるひとは日本にもたくさんいて、多くの方が苦しんでいたり自分自身に違和感を感じて行きていると思います。

でも、haru(はる)さんのように多重人格障害を受け入れ前向きに過ごしている様子を見るとたくさんの方が励まされるのではないでしょうか。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめです!!
関連記事:多重人格者haru(ハル)はやらせ?嘘くさい演技は本当?
関連記事:多重人格障害haruの性別は女性!原因は家族母親との関係にある?

コメント

タイトルとURLをコピーしました