石島浩太(コウタ姐)画像は?若い頃や通訳の経歴プロフィールが気になる!

テレビ

こんにちは。きよです。

2019年11月15日放送の「瀑報!THEフライデー」で日本人メジャーリーガーのイケメン通訳が衝撃激変!!ということで、コウタ姐こと石島浩太さんが出演されます。

イケメン通訳が衝撃激変!とはどういうことでしょう?

番組の紹介欄には”なんと女性になっていた! ”ということで気になったので調べてみました。

 

すると、現在トランスジェンダーのミュージシャンとして活動されているコウタ姐さんのことでした。

そこで今回は、コウタ姐さんこと石島浩太さんについて一足先に調査してみました。

  • 石島浩太(コウタ姐)の若い頃の画像はあるの?
  • 石島浩太(コウタ姐)の現在の画像は?どんな姿?
  • 石島浩太(コウタ姐)の通訳としての経歴や活躍について。
  • 石島浩太(コウタ姐)の現在のプロフィール

このような内容で調査してみたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

石島浩太(コウタ姐)画像は?

石島浩太(コウタ姐)の現在の画像

コウタ姐さんこと石島浩太さんは現在トランスジェンダーのミュージシャンとして活動されています。

 

コウタ姐さんこと石島浩太さん、とてもおきれいで元が男性だったとは教えてもらわない限り気づかないですよね。

そんなコウタ姐さんこと石島浩太さんはミュージシャンとしての活動の他にも、多彩な才能を発揮されています。

 

その活動内容は、「WBCの幕内」の著書・「コータ姐のカミングアウト」「コータのタランス野球学」などのライターとしての活動や翻訳、通訳の仕事。

 

エージェント時代の経験やトランスジェンダーについての講演活動さらには『Sakura Sakura』で女優としてもデビューされています。

 

最近のコウタ姐さんこと石島浩太さんには特に野球界に対しての関心が高いようで、もう一度野球界に発展に尽力したいという希望も持っていらっしゃるようです。

石島浩太(コウタ姐)の若い頃の画像

そんなコウタ姐さんこと石島浩太さんの若い頃イケメンで仕事のできる通訳として活躍されていました。

1997年にニューヨークヤンキースの伊良部秀樹選手の通訳をしていた頃のコウタ姐こと石島浩太さんです。

 

女性になってもおきれいなコウタ姐さん、若い頃も顔立ちが整っていてイケメンですね^^

他の若い頃の画像も見たいと思い、探してみたのですが残念ながらこの一枚しか見つけることが出来ませんでした><;

 

コウタ姐さんこと石島浩太さんの若い頃の画像をもう一枚見つけました!

今度は正面からの画像なので石島浩太さんの若い頃のイケメンのお顔がよく見えます^^

 

こちらが通訳として活躍していた時の石島浩太さんの若い頃の画像です!

 

ニューヨーク・ヤンキースで通訳をしていた頃の画像ということなので、一枚目の画像と同じ頃のもののようですね。

石島浩太さんが35歳の頃の画像です。

 

コウタ姐こと石島浩太さんが通訳として野球に関わるようになったのは1988年にダイエーの中内功会長からの通訳・渉外担当のオファーがキッカケでした。

それからダイエーに入団し通訳として活躍されていきます。

 

コウタ姐さんこと石島浩太さんは当時の通訳の先輩から「とにかく外国人選手の味方になってやれ」というアドバイスを受けました。

この言葉が後々までコウタ姐さん選手とが接する上での基本姿勢となっており、現在の夢にもつながっているようです。

 

スポンサードリンク

 

石島浩太(コウタ姐)通訳としての経歴

石島浩太(コウタ姐)通訳として日本プロ野球会へ

コウタ姐さんこと石島浩太さんは1988年にダイエーに入団し、通訳としての仕事に付きます。

それまでは、ニューヨークでアートディレクターとして広告のデザインなどを手掛ける仕事をしていたコウタ姐さんこと石島浩太さんにとって通訳の仕事は全くの畑違いでとても苦戦したようです。

 

しかし、ホークスでは通訳の仕事だけではなく若手選手のアメリカ・マイナーリーグへの派遣現地での選手のマネジメントも務めるなどの活躍をされています。

 

1993年には西武ライオンズに入団し、通訳・渉外担当として入団。

海外キャンプでの設営担当も受け持ち、オフシーズンにはハワイ・ウインターリーグにマネージャーとして一緒に行くこともあったそうです。

石島浩太(コウタ姐)通訳としてMLB時代

1997年にはニューヨーク・ヤンキースに移り環太平洋事業部長に就任。

1998年に野村団オフィスに籍を置いてエージェント業務に関わり、この年にニューヨーク・メッツに移籍します。

 

ここから石島浩太さんの野球界での通訳としての活躍が始まっていったようです。

ニューヨーク・メッツでは野茂英雄選手吉井理人選手の通訳・広報を担当をすると同時にMLBの日本の代理店業務を行うようになりました。

 

また、2000年には「メッツ対シカゴ・カブス」のMLB開幕戦などでは日本の新聞社とMLBとの間に入って交渉をしたり通訳として活躍されました。

その後も、日米野球の通訳者として様々な試合などにおいても活躍されました。

 

WBC後にはワッサーマン・メディア・グループに在籍し、エージェントとして活動します。

主に海外で活躍する野球選手の水面下での移籍や契約を手掛けていらしたそうです。

 

このように石島浩太さんの通訳としての活動は日米野球の発展に大きな関わりがあったのですね。

石島浩太さんが野球界での通訳のお仕事を始められたときには、アメリカメジャーリーグで活躍する選手は数えるほどしかいませんでした。

 

しかし、今では何人もの日本人選手が活躍されています。

これも、石島浩太さんの通訳としての働きがあったことで日本人選手の海外での活躍があるのだろうなと思いました。

 

スポンサードリンク

 

石島浩太(コウタ姐)の現在の活動・プロフィール

石島浩太(コウタ姐)のプロフィール

そんなコウタ姐さんこと石島浩太さんのプロフィールのご紹介です。

名前:コウタ姐
 
本名:石島浩太(いしじまこうた)

出身地:東京
 
出身大学:パーソンズ美術大学
 
生年月日:1962年3月15日
 
年齢:57歳(2019年11月現在)
 
職業:ミュージシャン、ライター、通訳、翻訳家、女優
 
活動期間:2008~(ミュージシャンとして)

コウタ姐さんこと石島浩太さんのプロフィールはこんな感じです。

石島浩太さんは野球界で通訳としての仕事に長く関わっていらっしゃいましたが、学歴美術大学を卒業されていました。

 

大学を卒業後はアートディレクターとしてお仕事をされていましたが、英語が堪能だったこともあり野球界の通訳として誘われたのですね。

それまで学んできたことと関係ないお仕事に当初は戸惑われたようですが、新しい仕事にしっかりと向き合って頑張ってこられたことはすごいと思いました^^

石島浩太(コウタ姐)の現在の活動

石島浩太さんは現在コウタ姐という名前でミュージシャンとしての活動を主にされているようですが、どのような活動をされていらっしゃるのでしょうね。

コウタ姐さんのミュージシャンとしての担当楽器はギターと紹介されていました。

 

コウタ姐さんがミュージシャンとしてどのような音楽を表現されているのかが気になります。

ギターということは弾き語りでしょうか?

コウタ姐さんの歌声も気になりますね^^

 

調査してみたら、コウタ姐さんのツイッターで活動の様子を知ることが出来ました!

こちらがコウタ姐さんが表現していらっしゃる音楽です!

コウタ姐さんのミュージシャンとしての表現は弾き語りではなく、ギターの音色で音楽を表現されていました。

コウタ姐さんの演奏は耳に心地よく、ゆったりとしていて心が癒やされるような演奏でステキですね^^

石島浩太(コウタ姐)についてのまとめ

コウタ姐さんこと石島浩太さんは現在トランスジェンダーのミュージシャンとして活動中です。

最近のコウタ姐さんこと石島浩太さんの活動をさらに調べてみると、女優としても活動されていまいした。

男性の体に生まれながら女性のこころを持つコウタ姐さんは今、女性としての人生を楽しんで才能を開花させていらっしゃるように見えました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました