映画

千と千尋の神隠し(都市伝説)だるまの恐怖!火垂るの墓とも繋がりが?

千と千尋の神隠し(都市伝説)だるまの恐怖!火垂るの墓とも繋がりが?

スタジオジブリの作品には幾つか都市伝説がありますね。

千と千尋の神隠しにもあるのをご存知ですか?

 

だるまの恐怖、火垂るの墓との繋がり…

 

え…何?!って思いますよね。

聞くだけでちょっとゾワッとします。

 

調べてみるとだるまの恐怖や火垂るの墓の他にも都市伝説たくさんあるんですよ!

今回は千と千尋の神隠しの都市伝説を幾つかご紹介します!

 

\\千と千尋の神隠しを今すぐ見る!!//
↓↓↓↓

まずは30日間無料で体験!!
※無料期間中の解約であれば0円です!

千と千尋の神隠しの都市伝説が怖い!

スタジオジブリ作品の都市伝説の中で最も有名なのは、となりのトトロですよね!

 

メイちゃんがいなくなったあたりから影がなくなっている…という都市伝説は、小学生から大人まで皆が知っている内容です。

 

千と千尋の神隠しも同じ様な軽めの都市伝説が、わんさか!

と思ったら…意外と怖かった!!笑

 

千と千尋の神隠しの都市伝説はこちら。

 

  • 千と千尋の神隠しの隠れたモチーフは風俗!湯屋で働く際に名前を「千」にしたのは源氏名を表している

 

  • 電車に乗っていた人たちが黒くて半透明なのは、亡くなった人たちを表しているから。電車も行きだけで戻りがないのはそういう事。

 

他にも…

  • 千と千尋の神隠しにはとなりのトトロのサツキとメイがいて、火垂るの墓の節子が駅に佇んでいる?!行きだけで戻りのない海原の電車のシーンに映っているという。

 

  • 千と千尋の神隠しの前半で車を運転する父親が誘われるようにスピードを上げて森の中の道を駆け抜けるシーンがあるが、実はこの時に事故を起こし、千尋一家全員すでに瀕死の状態にあった。

 

  • 千尋一家が、不思議の町の入口に辿り着いた時に登場するだるまの石像は元々人間だった。

 

などなど沢山ありました!

でも最後に挙げた都市伝説、千と千尋の神隠しのだるまの石像って…

思い返せば、不思議の町の入口だけにあった訳じゃないですよね…?

 

他にも色んな所にあった気が…

スポンサーリンク




千と千尋の神隠しの都市伝説・だるまの恐怖!

千尋一家が辿り着いた不思議の町の入口にある、だるまの石像。

千尋と同じくらいの背丈で大きくて苔も生えて、だるまの表情も読み取れないし、なんだか不気味でしたよね。

 

何故あの場所にだるまの石像?

しかも不思議の町の方を向いているのは、どうして?

 

千と千尋の神隠しの都市伝説で登場するだるまの恐怖とは…

千と千尋の神隠しの都市伝説・だるまとは?

千尋一家は、お父さんが運転する車で新居に向かっている途中に、誘われるように不思議の町の入口に辿り着きますね。

 

その入口近くにあるのがだるまの石像です。

このだるまの石像は元々は人間だったと言われています。

 

不思議の町に迷い込み、ゆばーばの元で働いていましたが元の名前を取り戻し、人間界に帰る途中でしたが最後に振り返ってしまい…だるまの石像にされてしまいました。

 

そう、千尋が人間界に帰る時に、ハクが千尋に強く言っていました!

「決して振り向いてはいけないよ」と

 

ハクの言いつけを守り、振り向かずに前に進んでいきますよね?

 

実は、湯婆婆(ゆばーば)は簡単に人間界に帰してくれるような優しい人ではないので、振り向くと石像になるように最後の最後まで魔法をかけていたのです。

 

振り返らずに前を向いて進む千尋が歩く道には、さまざまな石像が…

そうです、不思議の町に迷い込み人間界に帰る時に途中で振り向いてしまったのでしょう。

 

千尋以外に迷い込んで、人間界に戻って来れた者はいたのだろうか…?

千と千尋の神隠しの都市伝説・だるまにぶつかり死んでいた?

千と千尋の神隠しの都市伝説にはだるまの恐怖に続いて、冒頭のシーンからすでに千尋一家は全員が瀕死の状態だったのでは?というものがありました!

 

両親が豚にされ、千尋一人で不思議の町から戻ろうとした時に、来た道をみると海ができていて…

身体がだんだんと透明になっていきます。

 

この時にハクが千尋を見つけてくれて、身体が透明になるのを防いでくれましたね。

ハクが見つけてくれて良かった><;

都市伝説の存在を知らない頃には、ただただ一安心だと思って観ていたのですが、

 

実はこの時に、身体が完全に透明になっていたら…千尋は、あの世へ行っていた。

という都市伝説があるんです!

 

千と千尋の神隠しの冒頭の部分で、父親が運転する車が誘われるようにスピードを上げて森の中を駆け抜けるシーン。

あのシーンで実は事故を起こしていて、千尋一家は全員がすでに瀕死の状態だったというのです。

 

消えかけている命だから、千尋の身体が時間が経つにつれ徐々に透明になっていっていた。

 

不思議の町は、この世とあの世を繋ぐ世界だったのかもしれないですね。

そんなあの世と繋がっているかもしれない千と千尋の世界には、あのジブリ作品ともつながっているのだとか…

スポンサーリンク




千と千尋の神隠しの都市伝説・火垂るの墓とも繋がりがある?

千と千尋の神隠しの都市伝説には、となりのトトロのサツキとメイちゃんや火垂るの墓の節子が登場しているというのをお話ししましたね!

 

それは千尋が銭婆の所へ向かう際に、海原を走る「行き」だけの電車に乗る時の事。

 

この「行き」だけの電車は、様々な理由で人生の幕をおろした人々をあの世へ送り届けるべく走っているのだと言われています。

その為に「行き」だけで「戻り」の電車が走っておらず、乗っている人々も半透明で黒い色をしているんですね。

 

そして沼原という駅のホームに佇む一人の少女がいます。

電車を降りた半透明の黒い人々は皆どこかへ行くのに、この少女はずっと誰かを待っているように電車を見送っているのです。

 

この少女が、火垂るの墓の節子だとしたら…話が合うんですよね。

 

火垂るの墓に登場する節子の兄・清太は節子が亡くなった後、二人で一緒に過ごしていた防空壕を出て他の孤児たちと共に駅舎で暮らします。

しかし、その暮らしも長くはなく清太はそのまま駅舎で息を引き取ります。

 

火垂るの墓の節子は兄・清太が亡くなったらこの死者を運ぶ電車に乗ってやって来るのではと思い、途中で降り成仏することなく今も待ち続けている…

 

火垂るの墓の兄・清太が駅舎で息を引き取っているというのも、この少女が火垂るの墓の節子なのではないか?と言われるポイントなんですね。

スポンサーリンク




千と千尋の神隠しの都市伝説・豚になった両親について

千と千尋の神隠しの冒頭で千尋が「帰ろうよ」と止めるのに対して、好奇心の方が勝ってしまい美味しそうな不思議の町の食べ物を勝手に食べ始めてしまう千尋の両親。

 

結果的に千尋が両親の元に戻ってきた頃には、人間の言葉も忘れ豚にされてしまっていましたね。

 

これは現実社会で「生きる力」を表しているんだとか。

千尋の両親は現実社会で「生きる力」が弱かったから、不思議の町の罠にはまり喰らいつくされる側へと落ちて行ったという事なのだそう。

 

元々はお客様(八百万の神々)に出す為に用意していた食べ物を食べてしまうという過ちへの罰として豚にされ、気づかない内に中身も本当の豚になっていく。

 

一方で子供だった千尋はハクに言われるまで本当の名前を忘れていたけれど、様々な危機を乗り越え「生きる力」を獲得する。

大人が守ってあげないといけない子供という存在であっても「生きる力」を持っているという事。

 

そして成長しながら欲にまみれたり、喰らいつくされる側の人にはなるなよ!

という宮崎駿監督の現代の子供たちへのメッセージだったんだそうです。

スポンサーリンク




千と千尋の神隠しの都市伝説・ハクについて

千と千尋の神隠しの千尋をいつも助けてくれるハクという存在。

 

ジブリファンの間ではイケメン!

ハク様は顔も行動も全てがかっこいい!と、その人気っぷりも高いですよね^^

ツィートにもありますが映画の後半で川の神様である事が判明し、千尋が小さい頃にハクの川に落っこちた事があって二人の思い出があったんですよね^^

 

ハクは千尋に「会いに行くよ」と言い、二人は繋いでいた手を離し別れますが…

この後ハクは湯婆婆に八つ裂きにされているという都市伝説があります!

 

ハクは湯婆婆との契約で「ルールに従わなければ、八つ裂きにする」というものがあり、ハクはその運命をそのまま受け入れているとされています。

 

そして宮崎駿監督によると千尋とハクが手を離して別れるシーンは二人の永遠の別れを表現していて、再会できるのはハクが死んで魂になり人間界に戻った時とされているようです。

 

不思議な町の世界で千尋を助けてくれる存在だったハク、最後の使命を果たすといったところだったのでしょうか?

 

そして千尋を助けてくれる存在といえばリンですよね^^

スポンサーリンク




千と千尋の神隠しの都市伝説・リンについて

千と千尋の神隠しで、千尋を厳しくも優しく教育してくれるリン。

 

千尋に元気がない時には美味しそうな豚まんのような食べ物を持ってきてくれたり、ピンチを助けてくれたり^^

短期だけど、いつだって千尋の事を思ってくれていました。

子供の千尋には有難いお姉さん的存在ですよね♪

そんな千尋とリンが働く湯屋の従業員は元々男性はカエル、女性はナメクジだったという都市伝説があります。

 

リンも元々はナメクジだったのかな?とも思うけれど他の女性陣と顔立ちが異なります。

面長で目がシュッと切れ長で色白で…なんとなく狐っぽい。

 

しかも窯爺から黒イモリを褒美に貰っているし、

ジブリの公式本のラフデザインのリンのページに「白狐」との文字が書いてあることからリン=白狐の都市伝説があがっていました!

 

しかしリンは、このツィートにもあるように「街」という物を知っている…

 

リンが元々は白狐であったなら知っているのは森や山で、暮らしやすいのも自然なのでは?

と思うと、リンは千尋と同じ様に不思議の町に迷い込んだ人間なのではという都市伝説も上がってくる。

 

そしてなんと!

千と千尋の神隠しの公式パンフレットには「リンは人間である」と明記されているのです。

 

ラフ画には「白狐」と書いて、パンフレットには「人間」と書いてある…

ジブリは惑わしてきますね、それがジブリの魅力でもありますが><

 

そんなジブリの作品をもっと自宅で満喫したくなりませんか?

そこで、ジブリ作品を見ることのできる動画配信サービスがないか、調べてみました^^

スポンサーリンク




ジブリ作品を自宅で満喫する方法は?

ジブリの作品をご自宅で満喫いしたいと思いませんか?

今では、たくさんの動画配信サービスアがあって、自宅に居ながら過去の作品も手軽に楽しめます^^

 

当然、ジブリの作品もどこかの動画配信サービスで配信されているのではと思い探してみました!!

しかし、どの動画配信サービスを探してもジブリの作品は見つからず…

 

やっぱり、ジブリはDVDやブルーレイを購入しないと見ることはできないのですね(>_<)

そう思っていたらありましたよ!!ジブリの作品を自宅で満喫する方法が!

 

それは、TUTAYAT TVの宅配レンタルのTUTAYA DISCASです!

このTUTAY DISCASはネット宅配レンタルで自宅でレンタルしたい作品を選ぶと自宅に届けてくれて、返却はポストへ投函するというもの。

 

これはすごい!今やDVDのレンタルが家に居ながらできるのです!!

そんな楽ちんなレンタルシステムでジブリの作品を全部レンタルしちゃいましょう♪

 

しかも!このTUTAYA DISCASには30日間の無料お試し期間があるのです!

これはもう、登録するしかありませんね!

 

もちろん、無料期間中の解約であれば料金はかかりません!

ジブリの作品だけでなく、過去の名作もたくさんレンタルできますよ!

 

ジブリの作品を一気に見るのにおすすめなTUTAYA DISCASへの登録はこちらからどうぞ^^

\\ジブリ作品を今すぐ見る!!//
↓↓↓↓


まずは30日間無料で体験!!
※無料期間中の解約であれば0円です^^

 本ページの情報は2020年827日時点の情報となります。
最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。

まとめ

千と千尋の神隠し(都市伝説)だるまの恐怖!火垂るの墓とも繋がりが?について、調べた結果。

 

元々、人間だった者たちが湯婆婆の魔法でだるまの石像にされていた事、

海原の電車のシーンでは今も兄・清太を待つ火垂るの墓の節子が映っているという事が分かりました!

 

千と千尋の神隠しのだるまの恐怖や火垂るの墓との繋がり以外にも、たくさんの都市伝説があって、都市伝説を知った上で改めて観ると新たな発見があるかもしれません!


スポンサーリンク
ABOUT ME
kiyo
こんにちは。きよです。 世の中の気になる情報、みなさんのお役に立てる情報をお伝えしていきます^^ よろしくおねがいします!