生活

NWLB10とNWLA10の違いを比較!型落ちとの違いはいくつ?

象印の圧力IHジャー炎舞炊きのNW-LB10とNW-LA10の違いを比較しました。

新商品NW-LB10の型落ちがNW-LA10なのですが、違いはいくつあるのでしょうね?

 

NW-LB10とNW-LA10(型落ち)の違いを比較すると違うところは次の2つだけでした。

  • NW-LB10の方が底IHヒーターの数が多い
  • NW-LB10にはAg⁺抗菌加工が付いている

 

型落ちになったNW-LA10はこれまでも人気でしたが、NW-LB10はさらにおいしさと衛生面がパワーアップした商品ということのようですね^^

NW-LB10とNW-LA10の詳しい違いは本文で分かりやすく解説していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク




NW-LB10とNW-LA10の違いを比較!

「毎日のごはんを もっと美味しく、丁寧に。」というキャッチフレーズで人気の象印の圧力IHジャー炎舞炊き。

新モデルNW-LB10と型落ちのNW-LA10の違いを比較してみると、2つの違いは2つだけでした!

そんなNW-LB10とNW-LA10の違いを詳しく見ていきましょう!

NW-LB10の方が底IHヒーターの数が多い

炎舞炊きの目玉機能ともいわれる『ローテーションIH構造』の底IHヒーターが型落ちのNW-LA10は3つだったのですが、新モデルのNW-LB10には6つも追加されてバージョンアップしていました!

底IHヒーターの数の違い

新モデルNW-LB10:6つ

型落ちのNW-LA10:3つ

 

NW-LB10には底IHヒーターが6つになったことで、激しくて複雑な対流を生み出せるようになったのですね^^

象印の炎舞炊きはかまどで炊き上げたようなご飯のおいしさを再現してくれる圧力IHジャーですが、新モデルNW-LB10の底IHヒーターが6つになったことで、激しい炎のゆらぎを再現した炊き方が出来るようになったとのこと。

 

ということは、かまどで炊いたご飯のようなおいしさがNW-LB10では炊き上がるということなんですね!

想像しただけで、お口の中にご飯の甘みが広がります^^

 

NW-LB10にはAg⁺抗菌加工が付いている

そして、新モデルNW-LB10と型落ちNW-LA10のもう一つの違いは『Ag⁺抗菌加工』が付いているということです。

 

NW-LB10のどこにAg⁺抗菌加工が施されているのかというと、圧力IHジャー炎舞炊きに付属している「立つしゃもじ」外蓋を開けるときに押すプッシュボタンに加工されています。

新モデルNW-LB10には『Ag⁺抗菌加工』が施されている

加工部分は『立つしゃもじ』と『プッシュボタン』

 

このAg⁺抗菌加工は型落ちのNW-LA10にはもちろん、これまで発売された圧力IHジャー炎舞炊きにはなかった加工なので、新モデルNW-LB10の方がより衛生面に配慮された商品ということですね!

触る頻度が多い、しゃもじとプッシュボタンへのAg⁺抗菌加工で衛生面はバッチリです♪

スポンサーリンク




NW-LB10がおすすめな人

さて、ここまで象印の圧力IHジャー炎舞炊きのNW-LB10とNW-LA10の違いについて見てきましたが、どちらがどんな人におすすめなのかご紹介していきますね!

 

まずは新モデルのNW-LB10がおすすめな人です。

新モデルのNW-LB10はAg⁺抗菌加工がしてあるということなので、やっぱり衛生面が気になる人にはNW-LB10がおすすめです。

そして、NW-LA10よりもかまど炊きの再現性がアップしたNW-LB10なのでよりおいしいご飯を食べたい人にもおすすめですね♪

あとは、やっぱり最新の家電がいいという人には型落ちのNW-LA10よりも新モデルのNW-LB10の方が断然おすすめです!

 

NW-LA10がおすすめな人

次は型落ちのNW-LA10の方をおすすめしたい人もご紹介していきます!

 

まず、衛生管理は自分で出来る人衛生面にはこだわらない人は型落ちのNW-LA10でもいいかもしれませんね。

また、新モデルNW-LB10の方がかまどで炊き上げたようなおいしさとは言いますが、ご飯の炊きあがりの違いにこだわらない人であれば、型落ちのNW-LA10でも十分おいしいご飯が炊きあがると思います^^

あとは、価格が少しでも安い方がいい!という人には型落ちのNW-LA10でも十分だと思います!

 

NW-LB10とNW-LA10に共通な機能は?

象印の圧力IHジャー炎舞炊きの新モデルNW-LB10と型落ちのNW-LA10、それぞれの共通する機能をご紹介しておきます!

121通りの炊き方で好みの食感のごはんが炊ける!

毎回ご飯を食べた後に感想を入力していくことで、その家の好みに合ったごはんが炊きあがるようになっていきます。

最大40時間の保温ができる「極め保温」

最大40時間も保温できるのに、ご飯のパサつきを抑えていつでも美味しいご飯が食べられます。

最短15分!「白米特急&急速メニュー」

なんと、最短15分で美味しいお米が炊きあがるとはすごい機能ですよね^^
注:15分で炊けるのは1合です。

お手入れカンタン♪洗えるうち蓋

うち蓋が外せて丸洗いできるのはいいですね!蒸気口がないので楽に洗えます♪

AI搭載でとっても便利!

AI炊飯だから、夏と冬の違いも判断していつでも同じ炊き上がり!
また、時間がたっても黄ばみを抑えてくれちゃいます♪

クリーニング機能で臭いを抑制!

クリーニング機能のおかげで、炊き込みご飯を炊いた後の内釜に残った臭いを抑えてくれます^^

象印の圧力IHジャー炎舞炊きは新モデルのNW-LB10も型落ちのNW-LA10も便利で美味しいご飯がいつでも食べられるというところは同じです^^

新モデルのNW-LB10の購入はこちら
↓↓↓↓

 

型落ちのNW-LA10の購入はこちら
↓↓↓↓

 

NW-LB10とNW-LA10の違いを比較のまとめ

今回は象印の圧力IHジャー炎舞炊きNW-LB10とNW-LA10の違いを比較!型落ちとの違いはいくつ?ということでご紹介してきました。

新モデルのNW-LB10と型落ちのNW-LA10の違いは2つ

  • 底IHヒーターの数が違う「新モデルNW-LB10は6つ」「型落ちのNW-LA10は3つ」
  • 新モデルNW-LB10には『Ag⁺抗菌加工』が施されている。加工部分は『立つしゃもじ』と『プッシュボタン』

ということでした。

 

最上位機種のNW-LB10については、ワンランク下のNW-PT10とも比較しています!

詳しくはこちらで詳しく解説していますので、よかったら読んでみてくださいね♪
↓↓↓↓

>>NW-LB10とNW-PT10の違いを比較!おすすめはどっち?

スポンサーリンク
ABOUT ME
kiyo
こんにちは。きよです。 世の中の気になる情報、みなさんのお役に立てる情報をお伝えしていきます^^ よろしくおねがいします!