やすらぎの刻に「北の国から」?黒板純(吉岡秀隆)が母との再会!

テレビ

こんにちは。きよです。

倉本聰さん脚本のドラマ『やすらぎの刻~道』をご覧になったことはありますか?

『やすらぎの刻~道』は2019年4月から放送のドラマです。

この『やすらぎの刻~道』はテレビ朝日開局60周年記念作品として、毎週月曜~金曜のお昼の時間帯に放送されています。

『やすらぎの刻~道』は2020年3月まで放送される予定で10月の現在では物語も大きく盛り上がっているようですね。

その、『やすらぎの刻~道』に吉岡秀隆さんの出演が決まったことが話題になっていました。

 

スポンサードリンク

 

やすらぎの刻に「北の国から」?

この『やすらぎの刻~道』の脚本はあの倉本聰さんということもあり、複雑な人間模様が描かれているようですね。

そんな倉本聰さんの代表作といえば誰もが思い起こすことでしょう。

そう!

『北の国から』です!

倉本聰さん脚本のドラマ『北の国から』は1981年10月放送され、その後スペシャルドラマとしてシリーズ化されました。

『北の国から』は北海道の富良野市の雄大な自然の中で主人公黒板五郎と2人の子供たちの成長を描いたドラマですよね。

この『北の国から』は放送開始から最後の作品が放送されるまで、なんと21年間もの長い時間をかけて制作されました。

すごいですよね!

ひとつのドラマにこんなに時間をかけているということは、この『北の国から』がどれだけ人気があり、たくさんの方に愛されたドラマであるのかが分かります!

この物語の主要人物の3人が21年間を通して同じ俳優さんが演じたことも愛されたひとつではないかと思います。

特に黒板五郎の子供役として出演していた黒板純役の吉岡秀隆さんと黒板蛍役の中嶋朋子さんは今でも役柄の純君と蛍ちゃんとしてのイメージが強いですよね。

そんな『北の国から』で黒板純役を演じた吉岡秀隆さんが、今回倉本聰さん脚本のドラマ『やすらぎの刻~道』にゲスト出演することになったのです!

吉岡秀隆さんが倉本聰さんの作品に出演されるのは17年ぶりとあって『北の国から』のファンにとっては見逃せない回となりそうですね。

 

スポンサードリンク

 

やすらぎの刻で黒板純(吉岡秀隆)が母との再会!

『やすらぎの刻~道』に吉岡秀隆さんがゲストとして登場するのは第177話、第178話の2回で12月に放送の予定です。

吉岡秀隆さんは『やすらぎの刻~道』の脚本を読んだ感想をこのように語られていました。

誠という人間の過去にいったい何があったのか、さらには(いしだ)あゆみさん演じる母・玉子さんとの関係性まで、あれだけの分量の中で見る人の想像をかき立てるところが素晴らしいなと感じました。

また、『北の国から』に関連することに関して”運動靴”の登場がキーワードになっているとも語られています。

吉岡秀隆さんにとって『北の国から』の運動靴のエピソードは特別な思いがあるようで、脚本を読んでいて、

”うわ~先生!!ここで運動靴をだしてくるとは~!”

という感激した場面もあるのだとか。

これは『北の国から』ファンにとってはますます見逃せない場面となるようですね^^

やすらぎの刻と北の国からについてのまとめ

今回は倉本聰さん脚本のドラマ『やすらぎの刻~道』に吉岡秀隆さんが出演するということについてみていきました。

吉岡秀隆さんが倉本聰さん脚本のドラマに17年ぶりに出演するとあって『北の国から』のファンにとっては楽しみな回となりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました