見た目でわかるの?木管楽器と金管楽器の違いってなんだろう?

吹奏楽の話

こんにちは。バスクラ奏者のきよです。

初心者の方にでも分かりやすく、吹奏楽に関する事をお届けしています。

吹奏楽ではいろいろな楽器が使われていますが、それらの楽器は大きく分けて3つに分類されています。

その分類とは木管楽器・金管楽器・打楽器です。

そこで今回は、吹奏楽で使われる楽器が木管楽器なのか金管楽器なのかお話したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

木管楽器とは

木管楽器の種類

吹奏楽で使われる楽器の中から木管楽器はこちらです。

  • ピッコロ・フルート
  • オーボエ
  • ファゴット
  • エスクラリネット・クラリネット・アルトクラリネット・バスクラリネット
  • ソプラノサックス・アルトサックス・テナーサックス・バリトンサックス

この他にも、曲によってはコールアングレなどの特殊楽器が用いられることもありますが、基本的な編成がこのような楽器になります。

木管楽器の特徴

では、これらの楽器の共通なところを探してみましょう。

  • 筒状の管にたくさんの穴があり、それらを指で開け締めすることによって音を変える。
  • 息を吹き込み、何かを振動させて音を出す。

これらが木管楽器の共通点として上げられます。

また、木管楽器というからには材質には木材が用いられているのでしょうか?

木管楽器の種類をみてみますと、材質が木材なのはオーボエ・ファゴット・クラリネットのようです。また、現在では金属が使われていますがピッコロ・フルートも昔は木材で作られていました。

やはり、木材だから木管楽器と分類しそうですがサックスは作られた当時から材質は金属を用いられていました。

ということは、材質から来る分類ではないようですね。

金管楽器とは

金管楽器の種類

次に、吹奏楽で使われる楽器の中から金管楽器を上げてみます。

  • トランペット
  • ホルン
  • トロンボーン・バストロンボーン
  • ユーフォニアム
  • チューバ

この他にも、曲によってはコルネットやフリューゲルホルンなどの特殊楽器が用いられることもありますが、基本的な編成がこのような楽器になります。

演奏方法

こちらも、それぞれの楽器の共通な点を見つけてみましょう。

  • 筒状のものの途中に3~5のピストンなどがついており、それらの組み合わせによって音を変える。
  • 奏者自身の唇を振動させて音を出す。

これらが金管楽器の共通点として上げられます。

また、これらの楽器の材質も見てみましょう。

こちらは、どの楽器も金属で出来ているので金管楽器と分類するには十分な理由になりそうです。

 

スポンサードリンク

 

分類の判断のポイント

このように、木管楽器・金管楽器の特徴を比べてみると、音の出し方、音の変え方・材質に何か判断のポイントがありそうだということが、みえてきますね。

質で判断の場合材

材質で判断をしようとすると、扱いに困ってしまうのがサックスの存在でしたね。

サックスは金属で出来ているのに、木管楽器の分類になってきますので、どうやら分類のポイントは材質の違いではないようです。

音の変え方で判断の場合

では、音の変え方のちがいでしょうか。

確かに、木管楽器は管に開いた穴を開け締めすることによって音を変え、金管楽器は3~5のピストンの組み合わせによって音を変えるので、見分けるポイントになりそうです。

しかし、ここで悩ましいのが金管楽器のトロンボーンです。トロンボーンはスライドを伸ばしたり縮めたりして音を変える楽器ですので、音の変え方のちがいで判断するにはこのトロンボーンの扱いをどうするかで悩んでしまうところです。

音の出し方で判断の場合

では、音の出し方で判断した場合はどうでしょう。

木管楽器は、息を吹き込み何かを振動させて音を出すのでしたね。何かとはリードと呼ばれる植物から作られたものの事をさします。

確かにオーボエやファゴットはダブルリード、クラリネットやサックスはリードを振動させて音を出す楽器です。

では、ピッコロとフルートはどうでしょう。リードのようなものは目には見えませんが、実はちゃんとあるのです。

みなさんは瓶の口に息を吹き込み音を出して鳴らしたことはないでしょうか。

ピッコロとフルートはそれと同じ要領で空気を振動させて音を出しているのです。

つまり、空気がリードの役割をしているのです。

また、金管楽器の方は奏者自身の唇を振動させて音を出す楽器ですので、どうやら音の出し方によって木管楽器と金管楽器はわけられる、ということがわかってきます。

まとめ

吹奏楽で使われる楽器を分類した時に、打楽器は誰にでもなんとなく分かると思います。

でも、木管楽器と金管楽器との違いは吹奏楽などの経験のない方には馴染みもなく、どの楽器がどちらに当てはまるのかはさっぱりわからないと思います。

いかがでしょうか?

この記事を読んでみて、少しは木管楽器と金管楽器の違いの判断が出来るようになりましたか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました