白石黄良々銅メダルだけど怪我は?インスタやツイッターのイケメン画像

スポーツ

こんにちは。きよです。

第17回世界陸上競技選手大会ドーハで行われた男子400メートル決勝で日本が銅メダルを獲得!!

といううれしいニュースが飛び込んできました。

おめでとうございます!!

この結果を受けて、東京五輪の出場権も獲得することができたということでさらに東京オリンピックへの盛り上がりにもつながりましたね。

今回の男子400メートルに出場したのは

多田修平選手、白石黄良々選手、桐生祥秀選手、サニブラウン・ハキーム選手の4選手です。

今回はその中の白石黄良々選手に注目してみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

白石黄良々銅メダル!

今回世界陸上2019で行われた男子400メートルリレーで日本は銅メダルを獲得しています。

しかもタイムは37秒43でアジア新ということです!!

素晴らしいですね。

この決勝の様子はこのようなものです。

日本は第1走者を精彩を欠いていた小池祐貴(住友電工)から多田に前日の予選と入れ替えて臨んだ。第2走者以降は予選と同じ順番だった。

予選は37秒78の2組2着、全体3位のタイムで決勝に進んでいた。サニブラウンは世界選手権の過去2大会はけがなどの影響でリレーメンバーを外れており、今大会の予選が五輪、世界選手権を通じて初のリレーだった。また、サニブラウン、桐生、小池が「100メートル9秒台トリオ」としてリレーに挑むのも五輪、世界選手権を通じて今大会の予選が初めてだった。小池は決勝はメンバーから外れたが、多田が見事に穴を埋めた。

引用元:毎日新聞

白石黄良々の怪我は大丈夫?

今回見事に男子400メートルリレーの銅メダル獲得に貢献した白石黄良々選手ですが、白石黄良々選手について調べてみると「怪我が心配」との情報もありました。

さらに調べてみると、白石黄良々選手は2019年5月に行われたIAAF世界リレー2019横浜大会に出場した際に怪我をしていたことがわかりました。

白石黄良々選手が怪我をしたのは世界リレー男子4×200mに出場した時です。

白石黄良々選手が2走目を走り終え、次の走者にバトンパスをした瞬間に顔が「しまった!」という表情になり、走り終えたときに足を引きずる様子があったようです。

その後は車いすで移動する姿があり、この様子を見てた人たちからは心配の声が上がりました。

この時のMCを務めていた織田裕二さんが「ハムストリングがつった」とのコメントをされていることから大きな怪我ではなかったことがわかりました。

大きな世界大会に出場するということは出場選手にとって、とてもプレッシャーの大きなものだと思います。

大会に向けてのコンディション調整など神経を使うものなのでしょうね。

しかし、白石黄良々選手はこの時の怪我の影響を感じさせることなく今回の世界陸上での素晴らしい走りを見せてくれました。

 

スポンサードリンク

 

白石黄良々のインスタやツイッターのイケメン画像

そんな白石黄良々選手のインスタやツイッターがあるのか調べてみました。

どちらもありましたよ^^

白石黄良々選手はまめに更新されているようで、普段見ることのできない素顔の白石黄良々選手を見ることができます。

白石黄良々選手のツイッターはこちら

白石黄良々選手のインスタはこちらです。

白石黄良々についてのまとめ

白石黄良々選手について注目してみました。

ドーハで行われた世界陸上での男子400メートルリレーでの銅メダル獲得おめでとうございます!!

白石黄良々選手のこれからの活躍がますます楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました