縁結び七福童子は籔内佐斗司の作品!ブロンズ像がある場所は博多駅のどこ?

生活

こんにちは。きよです。

西日本新聞にこのような記事を見つけました。

『誰がどんな目的で?博多駅屋上に謎のオブジェ 「かわいいけど・・・」SNSに投稿相次ぐ』

謎のオブジェとは?

記事の中に書かれていた謎のオブジェとは、縁結び七福童子という名前がついていました。

今回はこの縁結び七福童子について見ていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

縁結び七福童子についての記事内容

最初に縁結び七福童子についての記事の内容はこのようなものでした。

「JR博多駅屋上に、かわいいけど謎のオブジェがある」-。そんな投稿がツイッターで多く見つかった。謎って何? 誰がどんな目的で作ったの?? かわいいというだけでも興味がそそられる上に、いろんな疑問が湧いてきた。確かめるため、現場へ向かった。

福岡市博多区のJR博多駅の屋上にある「つばめの杜(もり)ひろば」。地上約50メートル、約2000平方メートルの屋上には、駄菓子屋や広場があり、子どもたちが乗れるミニ電車も走っている。奥にある鳥居をくぐると、参道の先に旅の安全を願う鉄道神社が見えた。さらに先へ進むと、神社の前に何やら小さくて、かわいらしくて、ちょっぴり不思議なブロンズ像が見えてきた。

一列に並んだ裸の童子7人がロープの輪っかの中に入り、九州の地図を模したような形の上を笑顔で駆け回っている。高さは身長158センチの記者の膝ほど。しゃがんで見ると、にんまりとした笑顔と今にも動きだしそうな躍動感に、思わず「かわいい」と声が出た。周りには白い砂利が敷き詰められている。近くを見回してみたが、タイトルや説明文はない。これだけでは童子たちが何なのか見当がつかず、確かに「謎」だ。

「電車ごっこをしているんです」
「九州の地図の上で童子が電車ごっこをしているんです」。像の企画に携わったJR九州事業開発本部開発部の古庄健太郎さん(47)は説明する。タイトルは「縁結び七福童子」。作者が、奈良県のマスコットキャラクター「せんとくん」を制作した彫刻家の籔内佐斗司さんと聞き、合点がいった。

「せんとくん」は、鹿の角が生えた、にんまり笑った童子。博多駅屋上の童子とどことなく似た雰囲気を感じる。白い砂利は海を表しており、童子らの電車ごっこは九州7県がつながるイメージを表現しているという。「童子全員の頭をなでると御利益があるかも」と古庄さん。

「九州」「鉄道」「子ども」「遊び心」をキーワードに、制作に2年間をかけたという。2011年、JR博多シティのオープンに合わせて初お目見えした。

実はこの「縁結び七福童子」、博多駅にもう一体あるという。博多に住んで2年になるが知らなかった-。しばらく探してみると、確かにあった。ヒントは駅前広場の大屋根の柱。探し当てれば御利益があるかも!?

引用元:西日本新聞

縁結び七福童子は籔内佐斗司の作品でブロンズ像がある場所はどこ?

縁結び七福童子は籔内佐斗司の作品

記事の内容によりますと、縁結び七福童子はあの奈良県のマスコットキャラクター「せんとくん」を制作した彫刻家の籔内佐斗司さんだというのです。

JR博多シティのオープンに向けて、『九州』『鉄道』『子供』『遊び心』をキーワードにして籔内佐斗司さんに制作依頼をされたようですね。

その制作には2年間という時間をかけて、じっくりと考え作られているようです。

その依頼内容に答えるべく籔内佐斗司さんは見事に表現されていますね。

とても可愛らしい作品に仕上がっています^^

縁結び七福童子のブロンズ像がある場所はどこ?

そして、この縁結び七福童子は博多駅の2つの場所に設置されているというのです。

1つ目は記事の中にもありますようにJR博多駅の11階屋上にあるつばめの杜ひろばにあります。

そしてもう一つはJR博多駅の玄関口の柱に張り付いています。

 

実際に見つけに行ってみたいですね。

 

スポンサードリンク

 

縁結び七福童子についてのSNS投稿

縁結び七福童子についてのまとめ

JR博多駅にある謎のオブジェ縁結び七福童子についてみていきました。

屋上にあるブロンズ像の電車ごっこをしている童子たちは九州7県がつながるイメージを表現しているということですので「童子全員の頭をなでると御利益があるかも」というお話しがありました。

JR博多駅にお立ち寄りの際には屋上まで足を運んで七福童子たちの頭をなでてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました