沖澤のどかのwikiプロフィール家族や経歴は?コンサートや演奏会の予定も

ニュース

こんにちは。きよです。

朝から素晴らしいニュースが飛び込んできました。

フランスで行われた第56回ブザンソン国際若手指揮者コンクールで沖澤のどかさんが優勝されたのです!

日本人としては1959年の小澤征爾さん以来10人目の快挙とあって注目が集まっています。

そんな沖澤のどかさんとはどのような方なのか調べてみました。

また、今後のコンサートや演奏会の予定についても調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

沖澤のどかのwikiプロフィールは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

指揮者沖澤のどかさんの当カフェでのインタビュー 20190722 ONTOMO webに当カフェで行われたインタビューが掲載されました。 ご利用ありがとうございました。 普段は素敵なお嬢さんですが、指揮をはじめると・・・・・ 将来有望な、いままでにない新しいタイプの指揮者に なっていかれるだろうと思います。 ぜひONTOMOwebでインタビュー記事をご覧ください。 https://www.biblioclassic.com/blank-1 #カフェ #ビブリオクラシック #クラシックカフェ #クラシック喫茶 #名曲喫茶 #雑司が谷カフェ #雑司が谷 #クラシックレコード #アナログレコード #biblioclassic #スペシャルティコーヒー #紅茶 #ONTOMOweb #沖澤のどか #井内美香

新倉 ビブリオ.クラシックさん(@biblio.classic)がシェアした投稿 –

ブザンソン国際若手指揮者コンクールで優勝された沖澤のどかさんとはどのような方なのでしょうか。

プロフィールや経歴、家族についても見ていきたいと思います。

名前 沖澤のどか
出身 青森県三沢市
生年月日 1987年4月28日(2019年9月現在32歳)
高校 青森県立青森東高等学校
大学 東京芸大音楽学部指揮科

沖澤のどかさんは現在ハンス・アイスラー音楽大学ベルリン修士課程指揮オーケストラ指揮専攻でも指揮者としての勉強をされていますので、まだまだ成長されていくことでしょう。

沖澤のどかさんは幼い頃から音楽に触れながら成長していかれたようです。

沖澤のどかの今後のコンサートの予定

ブザンソン国際若手指揮者コンクールで優勝された沖澤のどかさんが指揮をされるコンサートなどの演奏会の予定はあるのでしょうか?

国際大会で優勝。

しかも、日本人として小澤征爾さん以来の快挙を成し遂げた沖澤のどかさんが指揮をされる演奏会やコンサートがあるのであれば、ぜひ聴きに行きたいものです!

調べてみるとありました!

現在のところ2つのコンサートの公演が決まっていて、チケットも発売中とのことでした。

  • オーケストラ・アンサンブル金沢
    2019年11月7日(木)
    石川県こまつ芸術劇場
  • 神奈川フィルハーモニー管弦楽団
    2020年1月9日(木)
    横浜みなとみらいホール

 

スポンサードリンク

 

沖澤のどかについてのニュース記事

沖澤のどかさんがブザンソン国際若手指揮者コンクールで優勝されたことについてのニュース記事はこちらです。

フランス東部ブザンソンで21日、第56回ブザンソン国際若手指揮者コンクールの決勝が行われ、青森県三沢市出身の沖澤のどかさん(32)=ベルリン在住=が優勝した。同コンクールでの日本人の優勝は1959年の小澤征爾さん以来、10人目。

沖澤さんは観客と演奏したオーケストラがそれぞれ選ぶ「観客賞」と「オーケストラ賞」も総なめした。小澤さんから続く優勝者の系譜に名を連ねたことについて「すごく重たく感じている。大きな賞に恥じないよう気を締めて頑張りたい」と喜びを語った。

沖澤さんは幼少期からピアノやチェロを習い、東京芸大指揮科へ進学。同大学院修士課程を修了し、ドイツ・ベルリンの音楽大でも学んだ。

ブザンソンのコンクールは51年に始まり、93年以降は2年に1度開催。82年には松尾葉子さんが女性としてコンクール史上初めて優勝した。佐渡裕さん(89年)や山田和樹さん(2009年)らも輩出した。(共同)

引用元:産経新聞

 

沖澤のどかについてのまとめ

フランスで行われた第56回ブザンソン国際若手指揮者コンクールで優勝された沖澤のどかさんについてみていきました。

このブザンソン国際若手指揮者コンクールで優勝された方は世界中で活躍される方が多くいらっしゃいます。

沖澤のどかさんもこれから世界各地で活躍されていくことでしょう。

沖澤のどかさんの今後の活躍がとても楽しみですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました