桐谷美玲祖母の民謡風おまじないはどこの方言?子供時代の福岡で腹痛の歌?

芸能

こんにちは。きよです。

2019年9月16日に放送された「くりぃむしちゅーの掘れば掘るほどスゴイ人」に桐谷美玲さんが出演されました。

番組の中で桐谷美玲さんが祖母に教わった民謡風のおまじないについて話されていたことが話題になっています。

番組の中で桐谷美玲さんは恥ずかしさのあまり思わず顔を手で覆ってしまうほどの“祖母に教わった民謡風のおまじない”って気になりますよね。

そしてその祖母に教わった民謡風のおまじないはどこの方言なのかも気になりました。

そこで今回は、桐谷美玲さんの祖母の民謡風のおまじないがどこの方言なのか調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

桐谷美玲祖母の民謡風おまじないについて

桐谷美玲さんの祖母の民謡風のおまじないとはどんなものなのでしょうね。

9月16日に放送された「くりぃむしちゅーの掘れば掘るほどスゴイ人」の番組での様子がニュースになっていました。

こちらがその内容です。

女優の桐谷美玲(29歳)が、9月16日に放送されたバラエティ番組「くりぃむしちゅーの掘れば掘るほどスゴイ人」(日本テレビ系)に出演。祖母から教わったおまじないの意味を初めて知り、驚いた。

番組では、両親や恩師から受けた教えがあるかどうかの話題となり、桐谷は子供の頃からお腹が弱く、祖母から「へんなればんなれ、ととなってとんでけ」という民謡風のおまじないを教わったと語る。

桐谷によると、このおまじないが効いたため、今でも唱えているそうだが、言葉の意味はわからないとのこと。

すると、番組がこのおまじないを調査し、意味は「屁になって飛んでいけ、ウンチになって流れていけ」と説明され、桐谷は恥ずかしさのあまり思わず顔を手で覆ってしまう。

スタジオから「ゴールデンでそんなことを2回も言った!桐谷さんのイメージが変わるからもう止めな」との声が上がると、桐谷は「大変失礼しました」と笑顔で謝罪した。

引用元:excite.ニュース

桐谷美玲さんは、子供の頃からお腹が弱く悩んでいたそうです。

そんな桐谷美玲さんに桐谷美玲さんの祖母が教えてくれた民謡風のおまじない

「へんなればんなれ、ととなってとんでけ」

このおまじないを桐谷美玲さんは今でも唱えているとおっしゃていて桐谷美玲さんと桐谷美玲さんの祖母との温かい関係が伝わってきますよね。

桐谷美玲祖母の民謡風おまじないはどこの方言?

そんな桐谷美玲さんの祖母が教えてくれた民謡風のおまじないはいったいどこの方言なんだろう?

と疑問に思いました。

調べてみると、はっきりとした情報は見つけることは出来ませんでした><;

しかし、以前別の番組で桐谷美玲さんの父親が福岡県出身であることが分かっています。

また、福岡県にある父親の実家には桐谷美玲さんの祖父母が暮らしていて桐谷美玲さんも子供時代には毎年のように年末年始を福岡で過ごしていたという事も語られていました。

ですので、桐谷美玲さんの祖母から教えてもらった民謡風のおまじないは福岡の方言であることが有力なのではないかと思います。

 

スポンサードリンク

 

桐谷美玲子供時代の腹痛の歌?

また、桐谷美玲さんの子供時代の腹痛の歌というものは実はもうひとつあることをご存知でしょうか?

桐谷美玲さんの祖母から教えてもらった民謡風のおまじないの腹痛の歌とは別にもうひとつの腹痛の歌というものがあるのです!!

こちらは、桐谷美玲さんが関ジャニ∞の番組に出演された時に披露された様子です。

この番組を見た視聴者が桐谷美玲さんのラジオ番組でも質問されていたことから、桐谷美玲さんのラジオ番組でも放送されています。

その時のラジオ番組はこちらです。

桐谷美玲祖母の民謡風おまじないについてのまとめ

桐谷美玲さんの祖母に教えてもらった民謡風のおまじないについて調べてみました。

「へんなればんなれ、ととなってとんでけ」という民謡風のおまじないがどこの方言なのかは特定できませんでした。

しかし、桐谷美玲さんの祖母が福岡に住んでいらっしゃることから福岡の方言だと思われます。

また、もうひとつの桐谷美玲さんの子供時代の腹痛の歌も存在することが分かりました。

とても素敵な桐谷美玲さんがお腹が弱く、このようなおまじないを歌いながら腹痛と戦っていらっしゃる姿を想像すると親近感が湧いてきますよね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました