太田啓子弁護士が献血ポスター画像を環境型セクハラとツイッターで批判炎上?

時事

こんにちは。きよです。

日本赤十字社でラブコメ漫画「宇崎ちゃんは遊びたい」との献血キャンペーンが実施されています。

そのラブコメ漫画に登場する宇崎ちゃんの献血ポスターによって、若者層への献血を促すキャンペーンのようです。

しかしこの献血ポスター画像が環境型セクハラになると太田啓子弁護士がツイッターで批判をしているということで話題になっています。

どういうことなのでしょうか?

太田啓子弁護士のツイッターでの批判について調査してみました。

 

スポンサードリンク

 

太田啓子弁護士が献血ポスター画像をツイッターで批判

太田啓子弁護士が批判した献血ポスター「宇崎ちゃんは遊びたい」の画像はどのようなものなのでしょう?

こちらが太田啓子弁護士が環境型セクハラであると批判したポスターです。

うーん。

確かにこの献血ポスターの宇崎ちゃんは胸が大きく強調された萌えキャラですが。

この献血ポスターのどこが環境型セクハラになるというのでしょうね。

太田啓子弁護士はこのようにツイートされていました。

では、環境型セクハラとはどのようなことをいうのでしょうか?

太田啓子弁護士が批判する環境型セクハラとは?

太田啓子弁護士が宇崎ちゃんの画像が使用されている献血ポスターについて

「公共空間で環境型セクハラしているようなもの」

と献血ポスターについてツイッターで批判されています。

その『環境型セクハラ』とはどのようなものなのでしょうか?

調べてみました。

すると『環境型セクハラ』とはこのようなものだとの説明を見つけました。

「環境型セクハラ」とは、
労働者の意に反する性的な言動により、労働者の就業環境が不快なものと
なったため、能力の発揮に重大な悪影響が生じるなど、その労働者が
就業する上で看過できない程度の支障が生じることです。

<典型的な例>
●事務所内において上司が労働者の腰、胸などに度々触ったため、
その労働者が苦痛に感じてその就業意欲が低下していること。

●同僚が取引先において労働者に係る性的な内容の情報を
意図的かつ継続的に流布したため、その労働者が苦痛に感じて
仕事が手につかないこと。

●事務所内にヌードポスターを掲示しているため、その労働者が苦痛に感じて
業務に専念できないこと。

※参照:厚生労働省 都道府県労働局雇用均等室「セクシャルハラスメント対策マニュアル」

なんだか難しい表現で分かりづらいですね^^;

つまりは、これを見て不快に感じたり業務に集中できなかったりする場合は「環境型セクハラ」ということになるのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

太田啓子弁護士のツイッターの反応

太田啓子弁護士が「宇崎ちゃん」の献血ポスターについて批判したツイッターへの投稿にはどのような反応があるのでしょうか。

まとめてみました。

太田啓子弁護士が献血ポスター画像を環境型セクハラとツイッターで批判のまとめ

太田啓子弁護士が献血ポスター画像を環境型セクハラとツイッターで批判したことについて調査してみました。

最近では、多くの企業や公的機関で若者層をターゲットに萌えキャラなどの採用も見られるようになっているような気がします。

今回の宇崎ちゃんの献血ポスターが環境セクハラに当たるのかは各個人の感じ方の違いにもよるのではないかと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました