イートイン脱税とは?チャレンジを正義マンが通報!罰則やお店の対応

ニュース

こんにちは。きよです。

10月1日に消費税が引き上げられたことにより導入された軽減税率。

この軽減税率が始まったことで、イートイン脱税や正義マンという言葉が注目を集めているようです。

そもそもイートイン脱税とはどのようなもで、正義マンとはどのような人物のことでしょうか?

調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

イートイン脱税とは?

イートイン脱税についてニュース番組でこのように取り上げられていました。

「イートイン脱税」

消費税10%払って店内で食べるべきか、8%払って持ち帰るべきか…。あるコンビニ店のセルフレジにはこんな新機能も。軽減税率の対象商品はイートインで食べるかどうかの項目が書いてあり、自己申告制にして会計を行っています。
しかし、自己申告だと商品持ち帰りを申告していながらイートインで食べるずるい人たちが増えるのではないかと予想されています。そんなずるい人たちの行為がイートイン脱税といわれているのです。

引用元:テレビ朝日系ANN

また、イートイン脱税に関して脱税を指摘する正義マンについても同じく取り上げられていました。

「正義マン」

イートイン脱税のようにテイクアウトとして買っておきながらイートインスペースで食べている人がいたとします。それを見つけた時に正義感を出して店員に告げ口するような人のことを正義マンと呼ぶそうです。

引用元:テレビ朝日系ANN

なるほど!

イートイン脱税と正義マンについてはこのようなこ行為を行った人物に対して使うのですね。

イートイン脱税チャレンジを正義マンが通報!

また、イートイン脱税という言葉に注目が高まったのと同時にイートイン脱税チャレンジというワードも登場しているようです。

本気でイートイン脱税チャレンジを行うとしている方は少ないようですね。

しかし、イートイン脱税チャレンジを実際に行っている方がいるとしたら確実にイートイン脱税を狙っている確信犯ということになりますよね。

このイートイン脱税チャレンジこそ、正義マンに通報してもらうことになるでしょう。

ここで疑問になってくるのがイートイン脱税を行った場合の罰則です。

 

スポンサードリンク

 

イートイン脱税の罰則やお店の対応

軽減税率が施行されて2日目ですが、多くのお店ではイートインを使用するかどうかはお客さんの判断に任せているところがあるようです。

つまり、イートイン脱税になるかどうかはお客の自己責任という対応というところなのでしょう。

では、イートイン脱税を行った場合の罰則とはどのようなものなんでしょうか?

調べてみましたが、現在のところはっきりとした罰則はないようです。

イートイン脱税に関しては事実上「罰則はありません」ということのようです。

事実上というのは、お店側から注意されたり周囲からの注意によっては罰則の可能性がないとは言い切ることができないということです。。

イートイン脱税についてのまとめ

今回はイートイン脱税について注目してみました。

消費税増税に伴い施行された軽減税率ですが、施行2日目にしてイートイン脱税や正義マンという言葉ができるなど早速の混乱を招いているようですね。

イートイン脱税チャレンジなどというワードも現れますます混乱してしまいます。

これからも、軽減税率に関してはまだまだ問題が出てきそうな予感です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました