これで解決!早いパッセージを吹けるようになる効果的な練習とは!

楽器の話

こんにちは。バスクラ奏者のきよです。

木管楽器を吹いていると、曲の中にはかたちを変えていろいろなスケールが登場します。

時々金管楽器の楽譜にも登場するようですが^^;

このかたちを変えたいろいろなスケールの事をパッセージと呼びます。

今回は私の早いパッセージのための効果的な練習方法をお伝えしたいと思います(´∀`)b

 

スポンサードリンク

 

早いパッセージ、テンポ通りは難しい(>_<“)

曲を練習していく時、一通り吹いていきますよね。

運指を確認しながら間違えないように色んな所を練習していきます。

メトロノームで楽譜に指定されているテンポで練習していきます。

そのように練習していくと、立ち止まって進めなくなるポイントが出てくるのです。

そう!早いパッセージの部分です!

これがなかなか厄介なのです。

どう厄介なのかというと、メトロノームのテンポになかなか追いつくことが出来ないのです。

何度も何度も挑戦してみても、追いつかないのです。

最初は追いついても、段々とどの指を動かさなければいけないの分からなくなってしまいます。

つまり「早いパッセージが吹けない(T_T)」という時は指が早く動かない!ということですね。

自分の癖を見つけること!

指が早く動かないということがわかったところで「じゃあ、どうすればいいの?」と思いますよね。

まずは、楽器を吹く時の自分のからだの癖を知ることで解決の糸口を見つけることが出来るのです。

私も、バスクラリネットを吹いていますがフルートやクラリネットほどではないけれど、早いパッセージのある楽譜に出会うことがあります。

そんな時に私がまず思うのが「あー。次の演奏会まではこの部分の練習をたくさんするんだな。」です。

だから、曲の中に早いパッセージがたくさんある演奏会までは、たくさん練習しなければいけなくなるので、練習時間はしっかりと確保して真剣に練習します!

逆に早いパッセージが少ない時は程よい練習で済むので「ラッキー♪」と思っちゃいます^^

 

スポンサードリンク

 

効果がすごい!効率の良い練習方法

では、そんな私が取り入れている練習方法をご紹介します!

①確実なテンポを探す

まずはじめに、一つのパッセージの部分だけ取り出しての練習です。

そのフレーズを確実に運指を間違えずに吹けるテンポを探します。

これは、意外ととてもゆっくりしか出来ないことに自分でも驚くことでしょう。

でも、心配は要りません。

この時になんとなく見ている音符の並びをひとつひとつ丁寧に確認しながら吹いていくことによって指が正確な動きを覚えていくのです。

②少しずつテンポを上げる

ゆっくりのテンポで吹けるようになってきたら、メトロノームのテンポを少しずつ上げていきます

ここでのポイントは確実に間違えずに吹けるようになってからテンポを上げることが重要です!

ここで焦ってしまったり調子に乗って一気にテンポを上げてしまうと、せっかくの努力が水の泡ですよ。

あくまでも、ゆっくりゆっくりです。

不思議に思われるかもしれませんが、このゆっくりゆっくりを心がけることが早いパッセージを吹けるようになる近道なのです!

③苦手な運指は繰り返す

同じテンポで練習していて、どうしても間違ってしまって次のテンポに上げられない時があると思います。

そんな時は、そのフレーズの中のいつも間違う場所というのがあるのではないでしょうか。

次はそのいつも間違う場所の2つの音だけを行ったり来たりして練習します。

それがスムーズになったら、2つの音の前後の音も追加していって練習してみてください。

そして、フレーズ全体を練習してみると不思議なことに吹けるようになりますよ。

指に確実に吹ける動きを覚えさせるイメージですね。

さいごに

苦手なところや時間がかかりそうなところは避けて通りがちですが、慌てずあせらず確実に指を動かす練習をすることが大切です。

私も、この練習方法を取り入れるようになってから、とても効率よく早いパッセージを克服できるようになりました(≧∇≦)b

ほんとにおすすめな練習方法ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました