休校の助成金は不公平なの?条件や手続き申請方法が難しいって本当?

休校の助成金は不公平なの?条件や手続き申請方法が難しいって本当? 生活

こんにちは。きよです。

 

新型肺炎コロナウイルスの影響で全国のほとんどの学校や幼稚園などが休校中で保護者である親が毎日大変な生活になってしまっていますよね^^;

 

中高生の子供ならお留守番をさせても大丈夫なのかとは思いますが、まだ小さな幼稚園児や小学生をお留守番させるには心配で仕方がないです><;

 

でも、保護者である親は毎日仕事に行かなければいけない。。。

そんな状況に厚生労働省が休校中の助成金について発表していました!

 

子供が休校中で仕事を休んでも助成金が出るということは朗報です(≧∇≦)b

しかし詳しく見ていくとこの助成金は不公平ではないのか?という気がします。。。。

 

そこで今回は休校中の助成金が不公平なのか?

また、休校中の助成金を受け取るための条件や手続きなどの申請方法をお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

休校の助成金は不公平なの?

休校の助成金についての厚生労働省の説明は?

休校の助成金は不公平なの?条件や手続き申請方法が難しいって本当?

休校中の助成金について厚生労働省の説明はどうなっているのでしょうか?

休校中の助成金をもらうための手続きや申請方法はあるのでしょうか?

 

また、制度自体が不公平だと言われているようですが、どこに問題があるのでしょうか?

 

厚生労働省の説明はこのようなものです。

《休校中の助成金が支給される条件》

「新型コロナウイルス感染症による小学校等の臨時休校」や「新型コロナウイルスに感染した、または感染した恐れのある小学校等に通う子供」を世話をするために仕事を休んだ従業員に給料を支払った企業が対象

助成金の支給額は1人当たり日額上限8,330円

また条件として年次有給休暇とは別に、有給(賃金全額支給)の休暇を取得させた企業や事業主に支給

ここでのポイントでは休校中の助成金を受け取るのはあくまで企業や事業主で、従業員個人ではないということのようです。

 

また、従業員が間接的に休校中の助成金を受け取る申請方法は、役所などに行って申請するのではなく、会社に休暇の申請を出すことになるということなのですね。

 

あ、なんだか不公平な制度だなと気づいた方がもういらっしゃいますよね?

 

そうなんです、休校中の助成金をもらう条件として、務めている会社が休校中の助成金を受け取るように手続きをしないと、従業員は休校中の助成金をもらうことはできないのです。

 

ですから休校中の助成金を受け取るための申請方法は会社内部の事情によりけりとなります。

 

なかには助成金のをもらう手続きをしない企業や事業主もいるでしょうから、不公平感が出てくるのは間違いないですよね?

 

休校の助成金は派遣にとっては不公平なの?

休校の助成金は不公平なの?条件や手続き申請方法が難しいって本当?

それでは、休校中の助成金は派遣で働く方にとっては正社員として働く方たちと比べて不公平になるのでしょうか?

休校中の助成金についての厚生労働省の説明を見てみると派遣で働く方にとっては不公平な感じもしますね^^;

 

まず派遣社員の方は派遣会社に雇用されて、派遣先の企業で働いていますので休みを取る申請方法や手続きが大変ですので正社員より条件が厳しくなります。

 

この場合、休校中の助成金の申請方法は、派遣先企業で休みの許可をとり、自分の所属する派遣会社にさらに連絡を入れるといった手続きが必要です。

 

また、所属する派遣会社が近くにあればいいのですが、休校中の助成金の手続きを書面で提出しなければならない場合、書面を派遣会社までもっていって提出しなければなりませんので申請方法が少々面倒に感じてしまいますね^^;

 

派遣先の企業によっては派遣会社に出すのと同じ書面を出すように要求する会社もあるかもしれませんからね。

 

派遣先の会社の雰囲気が良く、休みを取りやすい環境であれば問題ないですが、正社員でもなかなか休みをとれないのが現実です。

 

それが派遣社員となればもっと条件的に休みを取りづらいのではないでしょうか?

 

そういった面で派遣社員であることで、今回の休校中の助成金についての不公平感があるのではないかと思います。

 

そういったことを考えると、派遣社員の休暇の扱いについて派遣先の企業へ政府としてなんらかの指導をすべきではないかと思います。

 

そして、先ほどお話ししたように休校中の助成金が支給される条件は企業や事業主が助成金の申請をした場合ですので、派遣会社が休校中の助成金の手続きをしていなかったら、休校中の助成金の恩恵を受けることはできなくなってしまいます。

 

休校の助成金はパートにとっては不公平なの?

休校の助成金は不公平なの?条件や手続き申請方法が難しいって本当?

それでは休校中の子供たちのお母さんが一番多いであろう働き方のパートの場合はどうなのでしょうか?

休校中の助成金はパートで働く方にとっては正社員として働く方たちと比べて不公平になるのでしょうか?

 

休校中の助成金についての厚生労働省の説明を見てみると時間の違いでの不公平感はないですが、パートで働く方にとっては安心できないところもあるような感じもしますね^^;

 

厚生労働省が発表した内容によると労働時間が週20時間未満で雇用保険に加入していないパートタイマーも含めて、正規雇用の従業員も非正規雇用の従業員も助成の対象となっています。

 

これだけを考えると、パートでも正社員と同じく休校中の助成金を受けることができる不公平感のない内容になっていますね^^

 

ただし、これはあくまで勤務している会社が休校中の助成金の制度を利用するように手続きして社内での制度を整えたときの話なんです!!

 

なんで?と思われる方もいらっしゃると思いますが、休校中の助成金の制度は勤務している会社に対して強制力はないんです。

あくまで、休校中の助成金を利用できるのは会社が制度の利用を申請した場合のみというのが条件。

 

会社が休校中の助成金の制度を申請していなければ、パートで働く方も休校中の助成金を受けることはできなくなるのです><;

 

また、パートで働く方も休校中の助成金の制度の対象になる休暇の手続きは会社が定めた申請方法で行うことになります。

 

仮に会社が休校中の助成金の制度を申請していたとしても、会社内部の雰囲気が休暇を取りやすい雰囲気なら良いですが、そうでない場合パートという立場上、正社員に比べて休校中の助成金の対象となる休暇が取りづらいという不公平感が生まれることにもなりかねませんね。

 

休校の助成金は自営業にとっては不公平なの?

休校の助成金は不公平なの?条件や手続き申請方法が難しいって本当?

そして休校中の助成金の対象外である自営業の方にとっては明らかに不公平と思われる今回の助成金。

本当に自営業の方は対象外で不公平なのでしょうか?

 

休校中の助成金の第1弾では会社などの事業所で働く従業員が対象で、自営業やフリーランスの方たちは対象外です。

これについては自営業やフリーランスの方たちからは不満の声が出ていましたね^^;

 

自営業やフリーランスといえども子供が平日休みになれば、仕事を休んで子供の面倒を見なければなりません。

自宅で仕事をしている人はまだいいかもしれませんが、そうでない人のほうが多いのではないでしょうか?

 

このままでは、自営業やフリーランスの方たちと会社員との間に大きな不公平を感じてしまいます!!

 

そこで政府は休校の助成金の第2弾として自営業やフリーランスの方たちが子供の面倒を見るために仕事を休んだ場合、日額4,100円の補償をする方針を打ち出しました。

 

しかし、休校の助成金がもらえる条件や申請方法や手続きなどはまだはっきりしていません><;

 

スポンサードリンク

 

休校の助成金は不公平なの?受け取るための条件は?

休校の助成金は不公平なの?条件や手続き申請方法が難しいって本当?

会社に勤めている人(パートや派遣社員も含む)と自営業やフリーランスの方たちにも休校の助成金が出るということで不公平感は少なくなった休校中の助成金制度。

 

それでは、休校中の助成金を受け取るための条件はどのようなものがあるのでしょうか?

 

まず、制度が適応される期間は令和2年2月27日から3月31日までです。

 

なんともう制度が適応される期間が始まってるんですね!?

きちんと休んだ日をメモしておかないと、後で手続きするときに申請の条件に当てはまらなくなってしまっては困ってしまいますね!

 

このあたりでもきちんとメモしておいた人とそうでない人との不公平感が出て来そうです。

休校のために仕事を休んだ日をご自分できちんとメモをしておくことをおすすめします!!

 

 

そして何度も言いましたが、会社が休校の助成金の制度を利用するように申請をしていることが大前提ということなので、これで有給休暇が休校中の助成金の条件に当てはまるのかが決まります。

 

また、ここが最大の不公平感の原因なのですが、厚生労働省への申請の受付はまだ始まっていないのです!!!

 

え~!そうなの~!?って感じですね!

はやく制度を利用できるように条件や手続きなどの申請方法を整えてほしいですね^^;

休校の助成金の手続きや申請方法は?

休校の助成金は不公平なの?条件や手続き申請方法が難しいって本当?

結局、休校の助成金の手続きや申請方法はどうなっているのでしょうか?

第1弾の休校の助成金の直接の手続きや申請は会社単位で厚生労働省へ申請します。

 

従業員は会社へ必要書類(まだ不明)をそろえて休暇の申請の手続きをすることになるのでしょうけど、今の段階では制度が整っていないので、休暇を取った後で申請の手続きをすることになるかもしれません。

 

やはり、新型コロナウイルス関連で休校になった小学校等に通う子供や、感染した子供の面倒を見るために休んだ日時などは詳細に記録しておくことが大事ですね。

 

第2弾の自営業やフリーランスの方たち向けの休校の助成金についての申請方法などの手続きについてはまだ詳細が決まっていません。

 

自営業やフリーランスの方たちも新型コロナウイルス関連で休校になった小学校等に通う子供や、感染した子供の面倒を見るために休んだ日時などは詳細に記録しておくことが大事ですね。

 

自営業やフリーランスの方たちのための実質無利子の融資という話もあるようですがこちらの手続きや申請方法についてもまだはっきりしたことは決まっていないようです。

 

第1弾、第2弾の休校の助成金の制度自体の不公平感はなくなりつつも、制度の利用を会社任せにしているあたりが実際の不公平感につながりそうですね。

 

申請方法や手続きの詳細についてはすでに適応期間に入っているので、厚生労働省からの一刻も早い発表をお願いしたいと思います。

 

まとめ

今回は「休校の助成金は不公平なの?条件や手続き申請方法が難しいって本当?」ということでお伝えしていきました。

 

第1弾の休校の助成金はその制度自体会社員を対象にしたもので、自営業やフリーランスの方たちには何も助成がないという不公平感がありました。

 

また、休校中の助成金を受けるには、まず会社が動く必要がありますので会社が動かなかった場合は休校の助成金を受けられない人が出てくるのではないかいう不安がありますね^^;

 

このような不公平感をなくすためにも、もっと強制力のある制度にしたほうが良いのではないかとも思うのですが。。。

 

第1弾の休校の助成金の不公平感をなくすために出された第2弾の休校の助成金の制度も発表されています。

 

第2弾の休校の助成金の制度については、自営業やフリーランスの方が直接役所へ行き手続きすることになると思います。

しかし、こちらも休校中の助成金を受けるための条件や申請方法等の手続きの詳細は決まっていないようでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました